ニーハオダーシーです!(中国)、、、、、いやいや、こんにちは、大西です(日本帰国)

今日は上海→日本に帰国する日でした。


帰る途中上海から空港までリニアに乗りました。

↓私達が乗ったリニア。

P1240945.JPG

日本でもまだリニアに乗ったことがなく、初めてのリニアへの乗車でした!実際に乗ってみると、本当にゆれも少ないし、音も静かでした。中国でリニア走っているのはこの実習で初めて知りました。日本と変わらない経済発展振りだと感じました。
そして、その後私達は空港に着き、飛行機に乗って無事日本に帰国することが出来ました。関西空港へ着いてから新ためて思うと、長いと思っていた3ヶ月間はすごく短いものだと思いました。

 

 



 

 

 

 

 

終わりに

このゼミを通して、多くの人々に出会い、新しいものも発見し、語学も向上しました。この3ヶ月間の実習は私達にとって内容の濃い実習であり、得るものもとても大きかったです。この実習で得た力は、これからもきっとどこかで役に立ち、活かすことが出来るだろう。それから、私達がここで学んできたことをこれからも誰かに伝えていきたいと思っています。

 

 

 

この先輩方の歴史や私達の記録であるニーハオブログは今回で最後であり、今日その幕が下ります。ニーハオブログを見てくださったみなさん、本当にありがとうございました。                                             
picchina 1620.JPG

ニーハオ上海は僕が担当ということで、上海実習一日目と同じダーシーです。

上海2日目は始めに上海博物館に行きました。ここにある博物館は、中国の陶器、書道、お金など、様々な中国文化を見ることが出来ました。

いくつかパンフレットとってみると、英語だけでなく日本語やフランス語が書いてあったり、また翻訳機を借りれたりと、私達観光客にとって便利なようになっていると感じました。実際、日本語訳してくれる翻訳機があったため、より理解しやすく、楽しく博物館内を回ることが出来ました!!!!

 

博物館を訪れた後は、「南京路」と呼ばれる上海の繁華街へ行き、その中にある小さなお茶屋に入りました。ここでは、今まで入った茶屋の中でも多くのお茶が置いてあるように感じました。

↓茶屋の中の様子。私達が飲んでみたいものを選ばせてもらい、試飲させてもらいました!

P1240914.JPG
私達は、まだ飲んだことがない中国のプーアール茶を飲みました。天津の商業大学に留学していた時「中国の茶文化」の授業を取っていたため、プーアール茶は少しカビ臭い、ダイエットに効果的というのを習っていたため、そういったことを思い出して飲みました。始めカビっぽいって言われていたため、これを口に恐る恐る持っていって飲んでみると、思っていたよりも飲みやすくおいしかったです。日本のプーアール茶を飲んだことがなく比較をすることは出来ないが、感想としては、なんともいえない独特な感じであり、それが逆においしいと思いました。

 


お茶屋を出た後は南京路をぶらぶら歩きました。道が広いところは
お土産屋が多く、観光客でにぎわっていました。それから、今度は細い路地を見つけ興味本位で入ってみるとそこには屋台がたくさんあり、ご飯を食べに来る人で賑わっていました。大通りにある食べ物屋と比べ、値段は安くボリューム満点の料理がありました。天津商業大学付近の屋台を久しぶりに思い出しました!

 

↓路地を歩いていると、さっき食事を済ませたばかりなのにまたおなかが減ってきました。

P1240920.JPG

路地には屋台のほかにも、ホテルや、日本のアニメや海外映画のDVDが売っているお店も見つけました。

 

你好我是大西(こんにちはダーシーです)!!

いよいよ中国実習も最後の地、上海になってしまいした。。。。。(時が経つのが早い)

 

 

(午前)森ビルの展望台へ


森ビルとは

森ビルは地上101階、高さ492mである、世界最高水準の国際金融センターです。中は金融センターだけではなく、ホテルや展望台、商業施設などがあります。

 

 

私達は、上海全体が一望できるその展望台へ行きました。展望台へ行くまでに乗ったエレベーターはとにかく早く、101階があっという間に感じました。ここから見た上海は、河や、高層ビル、綺麗に並んだ家々が見え上海の発展の様子が伺えました!!!

 

↓森ビルの展望台から上海を眺めた風景。

まるで未来都市に来たみたいだ~~~!

 P1240627.JPG

 

 

 

 

(午後)

午後は上海名園の「豫园」へ行きました。この「豫」という字は「愉」という意味であり、つまり「豫園」は「楽園」という意味です。この建物を作ろうとした役人は私達の担当の教授と同じ名前の「潘」さんが作った名園です。

 

 

 この名園の見所は、当時の権力の象徴である太湖石(中国の有名な湖「西湖」で取れる穴の多い複雑な形の石。とても値打ちのあるもの)や、パンダの顔の模様がある瓦です。

↓パンダの顔をした瓦です。実をいうと潘先生もこの時初めて知ったらしい。

P1240705.JPG

 

 

 夜は上海の夜景を遊覧船に乗り見ました。私達が乗った遊覧船は多くの外国人が多くとても賑わっていました。写真を撮るよう中国人の人に頼まれ、それをきっかけで、習った中国語を活かし交流もしました。

 

 

上海調査1日目は、森ビルの展望台や夜の遊覧船のように、上からも下からも様々な視点から中国の発展の様子を見ることが出来ました!!!

 

↓これぞ未来都市上海!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

P1240789.JPG

 

 

ニーハオ

ちゃぺです!!

蘇州を訪れた私たちは、林屋洞やシルク工場、寒山寺、虎岳、拙政園などを訪れてきました(・V・)

特に心に残ったところを今日はご紹介したいと思います♪

林屋洞は昔、仙人が住んでいた住んでいたといわれるほど景色が美しいところでした!!

P1090297.JPG

↑は林屋洞周辺の景色です!

とても美しいですね(#^.^#)

 

P1090307.JPG

↑こちらが林屋洞の中です。

洞窟は6つのブロックがあり

四季の平均気温は21℃、面積は約4,200平方キロメートルです。

 

すべてが太湖石であり、中の天井は平らで石が林のようにあることから『林屋』と言われているそうです!

 

最後のブロックの陽谷洞には天井に小さい龍の飾りがあり、それをなかなか見つけることができずみんなで探していました(笑)

ちなみに陽谷洞は昔日の出が見たと言われ、その光の線上に龍があるそうです!

 

 

 

 

次に虎岳をご紹介→

P1090370.JPG

 

右の虎岳と書かれている左横に剣池と書かれてあります。

こちらのすぐ裏手に大きな池がありました。

 

そこには昔剣が大好きなために、剣王とやばれた王の墓があると言われているそうです。

 

この先をずーと行って最後に虎岳に到着です)^o^(

P1090374.JPG

 

みなさん少しほかの建物と違うことに気が付きませんか??

わかりにくい方にこちらも↓

 

P1090380.JPG

 

建物が傾いているのがわかりませんか??

 

まるでピサの斜塔みたいですよね(笑)

 

どこの観光地も一つ一つ伝説が逸話がたくさんありとても楽しいものでした☆

どうも、シャオダオです!(^^)/

杭州2日目のフィールドワークは

龍井茶を栽培している農村から始まりました。

この農村で龍井茶作りを営んでいる潘さんという方の家を訪問して、

龍井茶の栽培や収穫、加工の作業について教えて頂きました。

こちらで頂いた龍井茶もとても美味しかったです(^^)

 

P1040228.JPG    P1040259.JPG

龍井茶葉、収穫した日ごとに分けられ  ↑農村の建物は白い壁に黒い屋根と政府から

  ています。                                                定められているそうです。                           

農村を後にした私達が次にやって来たのは

「河坊街」という商店街です。

ここは天津の古文化街と似た場所で、あちこちのお店に特産品や雑貨が売られていました。

P1040273.JPG

古文化街とは違ってこちらの建物は白いのが特徴でした。

その後、バスに乗ってやって来たのは「霊隠寺」でした。

この寺には世界遺産に登録されている

「飛来峰造造」という岩山に彫り込まれた神仏が沢山あって、非常に聖地を思わせる光景でした。

寺院のお堂も天井の高さが奈良の東大寺以上で、

また仏像も巨大なものばかりだったので大変圧倒されました。

P1040315.JPG  P1040365.JPG

↑飛来峰造造

 

日も暮れて霊隠寺を出た後は

西湖のショーを見に行きました。

このショーは1日目の西湖の夜とは違って、

野外で、しかも西湖の上で行われる物凄いショーです。

西湖と岸辺の林を照らす光と音楽の織り成す雰囲気が格別で、とてもロマンチックでした。

ショーの内容は有名な悲恋の物語をモチーフにしたもので、

パフォーマンスを用いた表現が内容を解釈するのには少し難しかったのですが、

その一つ一つに奥深さを感じて、とても見応えがありました。

P1040411.JPG P1040429.JPG

你好!シャオダオでございますm(_ _)

中国実習もいよいよ残り1週間を切りました。

中国実習最後の1週間は

天津から南下した地域をフィールドワークに行く事になっています。

そして今回は杭州にやって参りました!

これから杭州で過ごした2日を一気に語って行きたいと思います。

まず杭州とは浙江省に属している都市で、人口は約7000万人です。

昔から観光地として栄えた所で、

「上に天国あり、下に蘇杭あり」

と言われるほど中国でも人気のある所です。

(因みに蘇杭とは蘇州と杭州の事です。)

1日目。

送迎バスに乗って、まず最初に行ったのは「胡雪岩旧居」です。

この旧居は漢方の老舗薬局を建てて大富豪となった胡雪岩の大豪邸です。

P1030994.JPG P1040059.JPG       

青いガラスはパリから輸入したもの。   ↑庭園だけでもこの見事さ

次に行ったのは「西湖」でした。

西湖とは大きな湖で(ただし、水深は浅い。)、杭州で最も有名な観光地です。

今回私達は遊覧船に乗って西湖を満喫しました。

生憎この日は雨でしたが、曇り空の下の西湖もまた雰囲気があって良かったです。(^^)

 

P1040075.JPG

3ヵ所目は茶葉博物館です。

ここでは杭州の名産で有名な龍井茶を始め、様々な種類の茶が展示されていました。

茶の歴史や茶の色の違い、淹れ方、茶葉の加工法の説明もあって大変勉強になりました。

P1040132.JPG P1040099.JPG                                                        

                        ↑博物館の側には茶畑が広がっており、

                         色付いた山と合した光景がとても綺麗

                         でした。

 

この日の夕飯は広東料理でした。

名物の東坡肉(トンポウロウ)が大変美味でございました!

P1040162.JPG

P1040158.JPG

コラーゲンの層がたっぷりで美容に良いそうです。

夕飯を済ませた後、「西湖の夜」というショーを見に行きました。

この地域で起こった歴史や伝説を元に、

様々なパフォーマンスを用いてストーリーが展開されていきました。

ストーリーごとにパフォーマンスの趣向が変わっていくので、見ていてとても面白かったです(^^)

P1040191.JPG                             

P1040204.JPG

 

你好!シャオダオです。(´▽`)ノ

 

以前博覧会でお会いした陳さんの事務所へ訪問して参りました!

今回は章明さんの御厚意もあって、車で事務所まで連れて行って頂きました。

 

陳さんの本業は法律事務所ですがそれとは別で所持している部屋もあり、

そこには日本の伝統工芸品や菓子、お酒が展示されておりました!

 

P1030418.JPG P1030422.JPG

↑美濃焼きなどと言った瀬戸物が大半を占めておりました。

 

P1030430.JPG

↑酒器や仏像もこの通りズラリ!

 

以前の博覧会でもそうでしたが、

陳さんは中国の方々に

日本伝統の物に如何なる魅力があるかという事を伝える活動もしておられるのです。

 

各地域でこれらの展示会を何度も開いた事もあるそうで、

我々日本人としても大変嬉しい事だと思いました。

 

P1030433.JPG

↑章明さん達も陳さんのコレクションを御覧に!

 

 

その後は、章明さんと陳さん両方の知り合いの方も交えて、

一緒に夕食を食べました。

 

P1030440.JPG

 

円卓を囲んで皆で話している内に、また新たな繋がりも出来てとても良かったです。(^^)

 

 

夕食の後は、近くのカラオケでドンチャン騒ぎでした!

 

P1030454.JPG

P1030471.JPG

↑互いに中国の曲、日本の曲を披露し合い、踊ったり手を叩いたりと大盛り!

 

賑やかな一夜でした。(´ω`)

 

 

你好!シャオダオです。m(_ _)

今日でインターンシップも終了です。

私とあざらし君ペアは最後の後工程で、

タグ作りやタグ付け、ズボンの整理などをしました。

ただ今日は仕事の量が少なかったため、時折休憩を頂くこともありました。

折角だったので、その間にスタッフの方々とお話をしたり、

今日で最後だからと記念撮影もしました。

DSCF3981.JPG

↑愛津で仲良くなったスタッフの人達です。みんな明るくて暖かくて良い人達でした。

これまでの約2週間、

初めて工場での流れ作業を体験させていただきました。

どれも単純な作業に思えても、

最初は難しかったり ずっと続けていくうちに大変だと思う事もありました。

でもどれも大切な作業で、それらが良い商品を作る事に繋がっているのだと知って、

とても勉強になりました。

退勤後、研修総括でそれぞれの学んだ事や感想を述べた後に、

鎌田社長達と一緒に晩御飯を食べながら社長の話を聞かせて頂きました。

DSCF3996.JPG

↑愛津での最後の食事です。おかず沢山でとても美味しかったです!

研修総括の時も沢山話を聞かせて頂きましたが、

社長の話はとても面白かったです。

愛津の雇用事情やラオス愛津の事、

社長が天津にやって来て愛津を立ち上げるまでの経緯も聞きました。

いずれの話も学ぶ事が多く、また自分の今後の参考にしていきたいとも思いました。

食後は荷物をまとめて、

会社を出る前にエントランスで社長達と記念撮影もしました。

DSCF4002.JPG

↑真ん中にいらっしゃるのが鎌田社長で、その左隣は社員の木島さんです。

鎌田社長、木島さん、その他の愛津の方々、

今までお世話になりました!

貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!

11月14日

どうも、ダーシーです!もうインターンシップもクライマックスです!!!

 

今日は3つ作業をしました。

1つ目はサージングです。今日はいつもの生地と違って柄付きで、尚且つカーブがある生地を縫いました。今回は使ったことのないミシンを使いました。どんなものかというと、ミシンに小さいハンマーのようなものがついていてそれが高速に縦に振動をして生地をたたき、その叩いた衝撃によって方向を変え曲線に縫うといったものだ。そのためカーブがある生地でも簡単に縫うことができ、特に難しく感じることはなかった。強いて言うなら、曲線であるため縫うのをミスしたとき、糸を抜くのが大変だったのと、生地そのものがほつれそうな素材だったことです。そのためそのあたりは身長に作業を行いました。

2つ目は生地をプレスにかける作業です。この作業をするときは、別のパートナーと2人ひと組になって作業を行うものであり、1人が生地を沢山並べ、もうひとりがその上に熱によって貼れるシートを乗せる作業です。私はそのシートを乗せる作業になったのだが、パートナーのお姉さんがあまりも作業が早すぎてついて行くのが精一杯でした。

↓これがプレスです

P1230308.jpg

3つ目は生地の無駄な箇所を切る作業です。特に難しい作業はなかったですが、規定の長さに切らないといけないとチェックが厳しいため慎重に長さを合わせて作業をしました。

↓この生地の長さをそろえました

P1230312.jpg

 大体どの作業も慣れてきて全体的に作業スピードが上がってきて、始めの頃よりミスが大きく減りました。明日が最後のインターンシップになるため、明日も気合を入れて取り組みたいと思います!!

どうもあざらし⊂(・ω・つ )3

昨日から新しくタグ付けをしてます^^

作業内容は先週の大西ペアと大体同じですので割愛!!

 今回はまだ詳しく触れていないここの会社の食事について書きます!!

朝食 毎朝クロワッサンとコーヒーとベーコンか卵が食べられます^^

ベーコンか卵かは日替わりで変わります!! ジャムはいちご、ブルーベリーが常備 バターもあります!!

 DSCF3708.jpg昼食 基本的に日本食が食べられます!!かつ丼やサンマの塩焼きとかが食べられてテンションが凄く上がります!!デザートがいつもついてくるのもポイント高いですねwただ一つ弱点を上げるとすれば昼食の時間が少ないorz(昼休みを含めても40分...ツライ)DSCF3673.jpg

夕食 お昼とは反対に中国の一般家庭の料理が食べられます^^ 中国の家庭料理なので毎日食べても飽きないようなあっさりした食べ物が多く今まで大学の食堂で食べてきたものと同じ中国料理とは思えなかったりしますwDSCF3706.jpg

 軽くご飯のメニューについて書きました!! それでは!!