2012年11月14日

「福祉住環境コーディネーター検定試験3級対策講座」は、今年度から開講された
全9回の講座です。あまり馴染みのない資格かもしれませんが、超高齢化社会に
おいて誰もが安心して暮らせる住まいを作りだすスペシャリストとして今後様々な
業界で活躍を期待される福祉の資格です。
受講生達は、11月25日実施の試験合格に向けて勉強に励んでいます。

この日は7回目で、高齢期の住まい方について学びました。
住み慣れた地に暮らし続けることが理想ではありますが、都市化の進展や少子
高齢化といった社会の変化と共に家族形態が多様化して、高齢者の住まい方も
大きく変化してきています。
独居の場合、身体機能や判断力が低下しているため社会から孤立してしまう
可能性もあり、早い時期からの住み替えや十分な支援が計画的に提供される
ことが必要です。
ケアハウスや高齢者専用賃貸住宅、グループハウスなど高齢者向け施設の種類と
その違いもきっちり覚えておくよう講師からアドバイスがあり、受講生はテキストを
しっかりチェックしていました。

IMG_2707.JPG

この日は試験の過去問題を1問1分で解答するという、本番でも余裕を持って
見直しできるペースで解きました。5問ごとに区切って答え合わせがあり、
マークシート方式なので1つ1つの選択肢の解説が講師より細やかに行われます。
「全問正解?」の問いかけに頷く受講生もおり、学んだことが身に付いていますね。

IMG_2698.JPG


この日解いた問題にもあった「介護保険制度の対象について」「どのような支援を受けられるか」
などは難しい設問でしたが、毎年必ず出題されるそうです。
試験まで残り2回、ラストスパートをかけて頑張りましょう!

【教育研究支援課】

カレンダー

2019年05月13日
日 月 火 水 木 金 土
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ