同唱館南側にモニュメントの「三宝珠」があります。
三本の脚には「仏」「法」「僧」とサンスクリットで彫られています
そのせいか、そばにいると、なぜか心が落ち着きます。

三宝珠近くのハナミズキ(花水木)も満開(ピンクと白色)です。
部屋の窓から三宝珠とハナミズキの景色をデジカメで撮りました。

2018.4.11~部屋の窓から「三宝珠とハナミズキ」の心穏やかな世界が~.jpg

        (撮影:2018年4 月11日)

桜の花が終わったあとに花を咲かせてくれるので有り難いですね。
紅白の花の色で新入生の入学を祝ってくれているようです。
 
花水木の花言葉は「華やかな恋」「私の思いを受けてください」とのこと。
アメリカに桜を贈ったときのお礼にアメリカから贈られたので、
ハナミズキは返礼の木と言われるようになったそうです。

5月までは可憐なかわいい花を咲かせてくれると思いますので、
まだしばらくは疲れた心も癒してくれるでしょう。

【学長 安本義正】

2018年3月23日

 幼児教育学科1回生を対象とし、宇治市消防本部から1名、
あさぎり分団から2名の指導員を迎えて第3回「応急手当普及
講習会」を開催しました。

 3時間半の講習会では、多くの具体例を紹介しながら救急の
現状を講義と実習を交えて丁寧に指導してくださいました。
学生達は、自分が心肺蘇生法を施すべき場に居合せると
いう状況は誰にでも起こり得るのだと改めて認識したようで、
メモを取りながら真剣な表情で取り組んでいました。

 人形を使って胸骨圧迫の際には、「人間って本当にこんなに
深く(約5cm)沈み込むんですか?」と怖々やり始める学生も
いましたが、「強く・速く・絶え間なく」を合い言葉にテンポよく
押し続けることができるようになりました。


20180323_応急_1.JPG


 成人、小児、乳児への心肺蘇生法の違いも実際に人形を
使って行うことで理解が深まったようです。
休憩時間も消防団の方々に質問を投げかけ、人工呼吸で
肺に空気を送り込むコツなどを学んでいました。


20180323_応急_2.JPG


 AEDを用いた実習ではこの機械が担う役割を講師から
説明を受け、正しく理解し実習に取り組めました。
全員が初めて使用しましたが音声案内による指示により、
誰もが正しく使用できるのだと自信をつけたようでした。


20180323_応急_3.JPG


 講習会終了後、受講生からはこのような感想が寄せら
れました。
「実際にこどもに触れる仕事に就く私たちには本当に大
切なことを学べたと思いました。」
「AEDの実技は初めてだったので、体験できて良かったです。
迷ってしまった時には、やらないより胸骨圧迫をすることが
大事だということを学びました。」
「もしもの時のために、一つの命を消してしまわないように、
私たちができる最大限のことを今回学んだことをふまえて
することができればいいなと思いました。」

 宇治市消防本部警防救急課、あさぎり分団の皆様、
ありがとうございました。

【幼児教育学科・教育研究支援課】

本学附属家政城陽幼稚園の可愛い年中組30名がやってきました。
今日は、宇治キャンパスの「最勝殿」で一日一休さん体験をします。

正しいおまいりの仕方や木魚の叩き方を教えてもらった後に、
さあ、次は「なむあみだぶ」と繰り返しながら、木魚を叩きます。
園児は、「ポクポク」と鳴る音をどのような感覚で聴いていたでしょうか。

2018.3.6~幼稚園年中組が一日一休さん体験~.jpg
     (撮影:2018年3 月6日)
 
最後は、正面の阿弥陀様に向かって、両手を合わせて、
「ありがとうございました!」と大きな声で挨拶をしました。

次に、その後は、最勝殿を出て、キャンパス中央の鐘楼に
向かいました。
途中、エレベータ入り口で、「あっ、前の園長先生や!」の声。
1年間の園長兼務でしたが、覚えていてくれてとても嬉しく
思いました。

鐘楼内では、2人一組になって、「総願の鐘」を撞きました。
今日の体験がすぐに教育効果をもたらすということはないかも
しれませんが、何年か後になって、「そうか!」と気づいてくれる
ことを願っています。
                                 合掌

【学長 安本義正】

在学生たちの後期試験も終わり、キャンパス内は閑散として
います。
今年に入ってからも、長い間寒い日が続いていましたが、
やっと春めいてきて、今日も快晴でポカポカ陽気です。

久しぶりにキャンパス東南の学外喫茶で昼食をとり戻る途中、
至道館東側に咲き始めた花が目に入りました。

2018.2.28~春の気配漂う早咲きのカワヅザクラに癒されて~.jpg

   (撮影:2018年2月28日)

カワヅザクラが「私が皆さんの心を癒やしてあげますよ!」
と、私に語りかけてくれているようです。
「ありがとうね!」と、しばしの会話を楽しみました。
花開きたいと願うつぼみも沢山ついており、大家族のようです。

このカワヅザクラは、バラ目・バラ科・サクラ属で、
1月中旬から2月にかけて開花する早咲きの桜です。
花の色は綺麗な桃色あるいは淡い紅色を呈しています。
花期が長い(1ヶ月)ので、しばらくは楽しませてくれそうです。

【学長 安本義正】

2月23日、学友会主催「リーダーシップトレーニング」が開催
されました。
クラブ・同好会(JOM、ちょいスポ、食育、ステージプロデュース、
PINKISH、茶道、美術、バドミントン、バスケットボール、弓道)や
指月祭実行委員会など11団体(24名)が参加しました。
新役員(現1回生)がはじめて取り組む学友会活動で、クラブ・
サークル活動の活性化を目的とした研修です。

1.jpg

2.jpg

前半は千古利恵子先生を講師に迎え「リーダーシップとは?」
「良きリーダーになるために」をテーマにレクチャーしていただき
ました。
 後半は、講演内容についてのグループディスカッションを行い、
その後、各グループで話し合った内容を発表&共有し、部活の
運営についての意識向上を図りました。

3.jpg

4月の新入生の入部勧誘に向けて、ビラ&立て看板作成、
新入生歓迎会でのパフォーマンスなどもクラブ活動の一部です。
しっかりこなしていくため、皆で意見を出し合い形にしていきました。
ディスカッションの結果報告では、リーダーとしての課題、改善点の
ほか、「ほう・れん・そう」の大切さを挙げるなど組織として連携して
いくための基本を再確認しました。
学友会やクラブ・サークル活動から得た経験は大きな糧となります。
学業もクラブも思いきり楽しんで充実した学生生活を送ってくださいね。
                                       学生課

3月24日(土)に、京都文教短期大学オープンキャンパスを開催します。

2019年度入試の情報をいち早く手に入れるチャンスです。

その他、先輩・先生が様々なイベントを用意して、皆様をお待ちしています。

・【時間】10:00~15:00
・ 申込不要/入退場自由

お友達等お誘いの上、お気軽にお越しください。

P1010530.jpg

【入試センター】

1月23日(火)、幼児教育学科2回生冨田ゼミの学生が、京都
文教短期大学附属家政城陽幼稚園の年少・年中組の園児と、
音楽交流会を行いました。
まず、オープニングは学生による合奏です。"夢をかなえてドラ
えもん"や"ミッキーマウスマーチ"の演奏にあわせて子ども達
も一緒に歌ってくれました。

ブログアップ1.jpg

学生によるダンス指導です。"ハッピージャムジャム"を踊りまし
たが、子ども達は学生の真似をしながらリズムにのって体を動
かしていました。

ブログアップ2.jpg

子ども達から歌のプレゼントです。
年少組は"どんな色がすき"、年中組は"ぱんぱかぱんぱんぱ
ーん"を、大きな声で元気よく歌ってくれました。子ども達の姿に
学生達も感動!

ブログアップ3.png

音楽に合わせて歌いながら、学生と子ども達が一緒に楽しい遊
びを展開。教室には、子ども達の笑顔と笑い声が溢れていました。
"わごむになーれ"

ブログアップ4.jpg

"ロンドン橋"

ブログアップ5.jpg

"ひつじのメイ" 子ども達が大好きな遊びです。

ブログアップ6.jpg

最後は、学生・園児・先生方も一緒に、"エビカニクス"をノリノリ
で踊りました。みんな、パワー全開でした!

ブログアップ7.jpg

4月から保育者となる学生達は、子ども達と音楽活動を共有する
ことで様々なことを感じてくれたことと思います。
貴重な体験を今後に活かして、素敵な保育者になってください。

(幼児教育学科)

ランチを済ませたあと、日本庭園で暫し時間を費やし帰る途中に、
「卒業式の学内展示は19日(金)最終日です」の案内が目に入り
ました。

その日が今日とわかり、自然に展示場のサロン・ド・パドマに足が
向きました。
色鮮やかな色とりどりの着物が沢山並べられていました。
展示場の入り口(写真右端)には、袴も見えます。

2018.1.19~卒業式のための貸衣装「着物と袴」の展示最終日!~.jpg         
          (撮影:2018年1月19日)

展示場の中に女性社員の方がおられたので、名刺を用意して、
「失礼します。いつもお世話になっております。」とお声をかけました。
「こちらこそ、いつもご配慮いただきありがとうございます」
「どうですか、学生たち沢山来ていますか?」
「そうですね~、今年はちょっと少ない目ですね~」
しばらくお話したあと、写真を撮らせていただきました。

今年の卒業式場全体が色とりどりの花畑のようになるのでしょうね。
2年間の学習の苦労も忘れて、幸せな気分の卒業式になることを
願っています。

【学長 安本義正】 

岩佐先生が指導されているゼミ生の卒業演奏会があるというので、
ランチ後、早速に会場のサロン・ド・パドマに足を運びました。

会場内は、四大・短大の学生たちで賑わっていましたが、演奏する
学生たちは、緊張の中にも笑顔ありでスタンバイしていました。

演奏曲目は「打楽器アンサンブル」では、アンパンマンのマーチ、
夢をかなえてドラエモン、となりのトトロメドレー、剣の舞、情熱大陸、
「トーンチャイム」では、そりすべりやクリスマスイブ、など。

2018.1.16~LIGHT CHILDRENの卒業演奏会に拍手喝采!~.jpg

(撮影:2018年1月16日)

学生たちは、演奏中、身体でリズムをとりながら楽しそうに演奏
していました。
音楽の楽しさを感じながら、音楽の力って本当に凄いなあと
思いました。

このゼミの学生たちは、学内の子育て支援室「にこにこルーム」
など、また、キャンパス外でも、ショッピングセンター「モモテラス」や、
近隣の幼稚園など、各地での演奏を行って来たとお聞きしました。

音楽は「音を楽しむ」ですよね。これからも音を楽しんで下さいね。

【学長 安本義正】 

平成8(1996)年にキャンパス内に梵鐘「総願の鐘」が建立され
ました。
その年から、これまで21回の「除夜の鐘」が撞かれてきました。

高齢者の方々や小さい子どもたちにも撞いていただきたいとの
思いで、少しでも暖かい昼間に「大晦日の鐘」として撞いていた
だくことにしましたが、本当に昼間に来ていただけるかという多少
の不安感がありました。

そんな心配をよそに、午後1時前にはファミマの談話室には、
例年以上の多くの方々に来ていただきました(約100名)。


2017.12.31~昼間の「大晦日の鐘」に高齢者や幼子連れで賑わう!~.jpg

(撮影:2017年12月31日)

高齢の方々や幼子を連れた若いご夫婦にも沢山撞いていただき
ました。
子どもたちが楽しそうに撞いている様子を見てとても嬉しくなりました。

これまでの夜の「除夜の鐘」よりも多く来ていただきましたので、
昼間の「大晦日の鐘」をやって良かったと、ホットしました。

最後に、これまで亡くなられた方々のご冥福お祈りし、また、
人々の幸せを祈って、心を込めて撞かせていただきました。
                                合掌

【学長 安本義正】 

カレンダー

2018年04月14日
日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ